【満員御礼】第7回 堆肥を送って野菜を育ててもらおうキャンペーン

たくさんのご応募、ありがとうございました。
次回開催決まり次第ご案内いたしますので、ご案内をお待ちいただければと思います。

====================================

堆肥を送って野菜を育ててもらおうキャンペーン

いつもLFCコンポストをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
今回で「堆肥を送って野菜を育ててもらおうキャンペーン」も、第7回目の募集となりました。
今回のキャンペーンは、神奈川県川崎市の野菜だいすきファームさんの農園で実証実験を行います。

【応募フォーム】
http://ptix.at/9yeXhN

堆肥回収キャンペーンの概要

 皆様のLFCコンポストでできた堆肥を受け取り、その堆肥で育てたお野菜が再び皆様の食卓へ、というキャンペーンです。
畑の植え付けや育成、収穫の様子は、SNSで発信を予定しております。皆様のご家庭で出た生ごみ堆肥からできるお野菜の成長過程、ぜひ楽しんでください。

※本企画はすでに過去にLFCコンポストをご利用いただいた全ての方を対象としております。つかってない堆肥を活用するチャンス、ご自分の堆肥で育った野菜を味わってみたい方におすすめです。

堆肥回収キャンペーンで実現できること

(1)どんな方でも食の循環の担い手になることができます

「コンポストでできた堆肥を使いたいけど、家庭菜園をする時間や場所がない…」 そんな悩みをお持ちの都心部の方が多くいらっしゃいます。
そんな方でも、ご家庭のベランダでコンポストをすることで、生ごみが堆肥になり、畑でお野菜の栄養となり、旬の野菜が食卓に戻ってくる、そんな “食循環”の担い手であることを実感していただける仕組みとなっています。 本仕組組みの実証実験として、本キャンペーンはおこなっています。

(2)循環型CSAで有機栽培・無農薬栽培の農家さんとの豊かな関係を築くことができます

LFCでは有機栽培・無農薬栽培をしている農家の方々との連携を進めています。
土と向き合い命を育てくれる農家さん達です。本キャンペーン費は農家さんの収入としてもお渡ししております。 みなさんの堆肥は農家さんが直接受け取りますので、ぜひメッセージも添えて、お送りしてみてはいかがでしょうか。
戻ってきたお野菜は、みなさんがまだ知らない種類のものや、食べ方、味など。ワクワクする出会いがあるかもしれません。 今後は、特定の連携農家さんと定期的に上記のような関係性を持つ”CSA”も、構想中です。
*CSAとは、「Community Supported Agriculture」の略称で、日本では「地域支援型農業」と呼ばれています

キャンペーン応募方法

 下記要項をご確認の上、応募フォームへとお進みください。

◼︎参加費:2,800円 ※peatixにてチケットを購入いただきます(送料は別途自己負担)
◼︎応募期間:2021年7月15日(木)~7月31日(土)※期限内に関わらず定員になり次第締切り
◼︎募集人数:50名 ※先着順
◼︎募集対象者:全国
 ・LFCコンポスト定期便をご利用の方・過去ご利用されていた方
 ・できた堆肥をお持ちの方
◼︎堆肥の発送受付期間:
  下記どちらかの着日指定(送付が間に合わない方は別途ご連絡ください)
  ※送料は自己負担にてご送付ください(参加費には含まれません)
  ①2021年8月6日(金)午前中
  ②2021年8月10日(火)午前中
◼︎送付先:別途メールにてご案内いたします
◼︎野菜の発送時期:2021年11,12月を予定
 ※気候条件などにより、前後する場合がございます
 ※堆肥を送っていただいた量に関わらずお送りするお野菜は規定の量になります

ご質問ございましたらお気軽にお問い合わせください。
皆様のご応募お待ちしております!!

【応募フォーム】
http://ptix.at/9yeXhN

関連記事一覧