川崎フードサイクルプログラム「eco-wa-ring Kawasaki(エコワリング川崎)」に参画しています - LFCコンポスト

川崎フードサイクルプログラム「eco-wa-ring Kawasaki(エコワリング川崎)」に参画しています

  • HOME
  • ニュース
  • 川崎フードサイクルプログラム「eco-wa-ring Kawasaki(エコワリング川崎)」に参画しています
地域で自走し、食品リサイクルを推進する栄養循環コミュニティ創出プロジェクト「eco-wa-ring Kawasaki(エコワリング川崎)」

 おうちの生ごみでたい肥を作る→野菜が育つ→おうちで食べられる。大切な資源を無駄なく使う、循環の輪をつくる。
 川崎市のフードサイクルプログラム「eco-wa-ring Kawasaki(エコワリング川崎)」が、2021年6月18日より始まりました。

 本プロジェクトは、神奈川県川崎市・株式会社電通・株式会社トラストリッジと共同で推進するプロジェクトです。
 ローカルフードサイクリング株式会社は、生ごみコンポストを通した栄養循環づくりへの協力・推進をさせていただきます。

 このプロジェクトを通じて、ごみの減量や資源化、CO2の削減とともに、地域住民、農園、企業の連携や交流が生まれ、地域コミュニティの活性化、まちづくりと繋がり、SDGsに貢献していきます。

循環型菜園 eco-wa-ring(エコワリング) コミュニティガーデンも始まります

 ベランダでもできるLFCコンポストを使ってご家庭でたい肥を作り、それをみんなで持ち寄り、野菜を育て収穫までを楽しむ菜園です。
 コミュニティガーデンの参加者は、参加費3,300円(税込)で、LFCコンポストがプレゼントされ、また参加者限定のオンライン講座や、循環アプリを利用することができます。

 プロジェクト立ち上げと同時に、武蔵小杉東急スクエア「エコワリングコミュニティガーデン」の募集を開始しました。
 今後、市内の複数箇所にて「エコワリングコミュニティガーデン」が開始される予定です。
 
 

 本プロジェクトの詳細は以下をご確認ください。
https://eleminist.com/lp/eco-wa-ring-kawasaki

ニュース一覧